彼に「一緒に暮らしませんか?」と言ってみた

生き方

パートナーのEさんには、以前から私の仕事の契約が9月末で切れることや今後どうするかを悩んでいたことを相談していました。今住んでいるこの地域は仕事が少ないため、他の地域に引っ越しをするかもしれないとまでEさんには伝えていました。現にEさんとお付き合いをする前までは、コロナが落ち着いたら、病院の仕事は辞めて、仕事のある他県引っ越そうと計画していました。

しかし、Eさんと時間を共にしていくうちに、Eさんとは離れたくない、そしてこれからの人生をEさんと共に歩みたいという気持ちに変化していきました。それには今のこの地域に住み続けることがいいのではないかと考えるようになりました。Eさんはここに住むことが好きです。これからもEさんと一緒にいるのなら、今のこの地域を離れない方法を考えるしかありませんでした。

今の仕事を辞めて仕事のある他県に引っ越したい、でもEさんと離れたくない、そんなジレンマをずっと抱えていましたが、結局、病院からの直接雇用の打診もあり、今の仕事を続け、Eさんの側にいることに決めました。

Eさんには私が今思っていることをどうしても伝えたくて、「私はずっとEさんと一緒にいたい」と告白しました。そして「私たち一緒に住まない?」と提案してみました。仕事を続けるのなら、今のこの場所に居続けられるからです。

いつも私たちは、毎週ではありませんが週末を二人で過ごします。しかしそれではあまり時間がなく、物足りません。そんな不満がお互いにあったため、その問題を解消するのにも同棲は悪くないと思いました。それに私たちはそろそろ交際を始めて1年たちますので、次のステップに進んでもいいのではないかとも思っていました。


Eさんとは本当に気が合います。こんな人は手放したらいけない、こんな人はこの先きっと現れないと思うのです。Eさんと余生を過ごす姿が想像できます。おじいさんとおばあさんになっても平和に静かに暮らせそうだと感じます。

それにとても恥ずかしい話なのですが、この歳になるまで私は男性に大切に扱われるということがどういうことなのかわかりませんでしたが、Eさんとお付き合をしてみて初めてその意味がわかりました。
今はEさんにとても大切にされていると実感する毎日です。そう思うと今まで付き合ってきた男性たち、そして元夫はなんだったのでしょう。雑に扱われていたように思います。

自分を大切にしてもらえるということは自己肯定感が高まります。


私は息子が大学に入学してから、子育てを少しづつ手放し、自分を中心にした生活を送るようになりました。自分の気持ちに正直になるよう生きるようにしました。それは自分を大切にするということなのだと思います。自分自身を大切に生きていくと、私を大切にしてくれる人が現れる、つまり引き寄せの法則なのではないかと思います。

「プレッシヤーに感じなくていいから、もしよかったら一緒に住むことを考えてみてくれない?そして、私の家族に会ってくれない?」とEさんに話してみました。意外にもEさんの反応は悪くありませんでした。

息子は来年から一人暮らしを始めるため、私は一人の生活になります。それに今の賃貸マンションは気に入っていないため引っ越しを考えていました。EさんはEさんでやはり引っ越しを考えており、かつ一人での生活の困りごと(食材が余るとか)も抱えていました。気持ちだけはなく、現実的に考慮しても二人の利害は一致するんですよね。

色々話してみましたが、Eさんは家を購入したがっており、かなり真剣に考えているようでした。私が働く病院は大きな病院です。そこの職員となれば契約職員といえ、信用がつき、引っ越しでは困らないと思い、賃貸を考えていた私(それも仕事を続ける理由の一つです)ですが、その辺りは今後また二人で考えていかなければいけないようです。

お互いの家族への紹介と二人で暮らすための準備を始める私たちでした。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
生き方
スポンサーリンク
なかみちをフォローする
ものさしを捨てる
タイトルとURLをコピーしました