異性の友達との関係をどこまで認めますか?

生き方

Eさんと距離を置いて数日がたちました。私からしばらく連絡を取れないと言い、今は連絡を取っていない状態です。明日、直接会って話し合いをします。

理由はEさんが女性と二人きりで映画を見に行っていたため、私の気持ちがモヤモヤしてしまったからです。

ここから一連の経緯を説明します。

「明日、ジムに行った後、映画を観に行くかも」とLineでEさんから連絡があったのが映画を観に行った前日の夜。

「ジムが終わったら、スーパーマリオの映画を観に行きます。23時まで連絡とれないと思います。」とLineでEさんから連絡がきたのが、映画を観に行った当日の夕方。

Eさんが映画館から帰ってきてから電話で会話をしました。
「映画どうだった?面白かった?」から始まり、映画の感想を話したりしたあと、「一人で行ったの?」と何気なく私が尋ねると、Eさんは「XXさんと行きました。」と返答。

そのときは、「え?一人じゃなかったの?」と思いつつ、スーパーマリオは私の好みの映画ではなかったため、一緒にその映画を観に行く相手として彼女が適切でそれで一緒に行ったのかな?それなら、ま、仕方ないかと自分に言い聞かせ、少し違和感を覚えたものの「へー、そうなんだ。」と無反応に何事もなかったかのように返しました。

するとEさんは、言い訳をし始めました。
「英語版のスーパーマリオの声優が有名なハリウッド俳優で、その人の声が聞きたいから彼女は英語版のスーパーマリオを観に行きたかったけど、彼女の周りは日本語版のほうを観に行く人ばかりで、英語版を一緒に行ける人がいなかったから一緒に行ったんだ。」

それだけを聞くと、理にかなっているように聞こえます。

「へー、そうなんだ。」と再度私は返答し、そのときはそれ以上あまり深く考えてはいませんでした。

しかしながら、次の日Eさんと二人でジムに行ったときに、なんとなくさらに違和感を覚えました。映画を一緒に観に行った女性はジムの会員です。彼女もその日そこにいました。二人の雰囲気になんか変な空気を感じました。上手く説明できないのですが、なんか変な感じです。女性特有の勘といえばいいでしょうか。かつ彼女と私がトイレの手洗い場で一緒になったときも、彼女からやはり変な雰囲気を感じました。本当にこれも明確に表現できないのですが、なんとなく感じるっていうものです。

その女性は、私がEさんと付き合う前からジムで知り合ったジム仲間で、お互いに映画が好きなことが生じて時々一緒に映画を観に行っていた仲だとEさんから聞いていました。ごはんも一緒に食べに行ったこともあるようです。それは私と付き合う前の話ですし、そんな女友達がいても全然不思議ではなく、私の中では構わなかったのですが、さすがに私と交際したら、彼女と二人きりで映画に行くことはしないだろうと思っていました。

ところが今回、彼女と二人で映画に行っていたわけで、それを事後に聞かされたときは少し驚きました。行くなら行くで事前に話して欲しかったという気持ち、それと同時にただの女友達だからこそ、たまたま観に行きたかった映画が同じで、普通に友達として行っただけだったのかもしれない、大したことではないのに、それをいちいち事前に報告して欲しいなんて、なんか束縛っぽくない?付き合っているからって、全て報告の義務はないよね?等々思いました。

また、映画って観に行きたかったら一人でも行けるよね?映画館って何も話さないのに、暗闇で隣り合わせで座るだけなのに、二人で行く意味があるの?とも思いました。

こんなふうにあとからあとから色んな事が頭をよぎってぐるぐるしていました。

実は少し前にこんなこともありました。

Eさんの手術が終わって退院してからジムに行った最初の日、すぐに彼女はEさんに「もしよかったら明日ご飯を食べに行かない?」と誘っていました。しかも私の目の前で。その食事会は他の人も参加するもので、以前から決まっていたようなのですが(後から聞きました)、他のメンバーに確認することもなく、彼女の希望だけでEさんを誘うんだなあと、後からその食事会の内容を聞いて少し驚きました。彼女の主催だったのかよくわかりませんが。

私は彼女と話したことがないので彼女の人となりはよく知らないのですが、それでも本音を言うと、私は彼女をあまり好きではありませんでした。地味で大人しい見た目&性格とは裏腹にあらゆる男性に体をこすりつけている現場を何度も目撃してから、信用できなさそうな女性であるという印象が私の中にあり、それが理由です。本当に軽く触るという程度ではなく、まるで自分の彼氏にでも接するかのようにじゃれ合って体をこすりつけているのです。スキンシップのハードルが低い女性なのでしょうが、そんな様子を見ることは非常に不愉快でした。

Eさん曰く、彼女はジムの男性にとても人気があるけれども、決してジムの男性とは交際しないんだとか。そこにも彼女のあざとさを感じました。男性にチヤホヤされることが彼女の趣味なのかもと。

人気なのは体を男性にこすりつけるからなのでは?とも思いました。

そんな女性ということもあって、私はモヤモヤがヒートアップ。
今回映画を観に行ったことは終わったことなのでもういいのですが、今後もこのように二人きりでどこかに出かけることはやめて欲しい、気分が悪いという本音がでてきました。

そしてもう一つ、ある疑問が湧いてきました。Eさんは本当はこの女性が好きだったけど、想いが叶わなくて、代わりに私が選ばれたのでは?というものです。そんな疑問が心の中に現れてきたら、なんだか悲しくなってきてしまいました。

Eさんが女性と二人きりで映画を観に行ってから数日後のある夜、Eさんと電話で話している最中に、私は思わずいろんな感情がこみ上げてきて涙ぐんでしまいました。Eさんは慌ててびっくり。

そのときは言葉で上手く伝えられず、「私があなたと同じことをしたら、あなたは許してくれるの?」と泣いた理由を曖昧に濁してしまいました。中途半端に気持ちを伝えて変な嫉妬女と思われるのが嫌だったからです。

それから「しばらく連絡を取るのを止めたい、週末に会って話しましょう」と言って、私たちは距離を置いています。

私は自分の感情に蓋をかぶせて誤魔化してまで交際はしたくありませんので、はっきりとEさんに伝えたいと思っています。

二人きりで映画に行ったことに関していい気分がしなかったこと。
女友達と出かけること全部が嫌なのではなく、彼女を信用していないので、彼女とは今後二人きりで会って欲しくないということ。
私は彼女のセカンドなのかどうかということ。

この3つはきちんと伝えたいと思います。Eさんは話し合える人なので、私と向き合って話してくれると思いますが、これを束縛と捉え、嫌がられてしまう可能性もありますが、その場合は仕方ないですね。価値観の違いです。「相手に嫌われたくないから我慢する」とかそんな風な付き合いはしたくありません。それは今回のことだけでなく、交際全般においてです。

どう思われるかどうか、という視点より自分がどうしたいか、どのように生きていきたいか、自分の気持ちを騙さずに生きていくことが私にとってはとても大切です。

私は自分軸で生きていきたいです。人と比べたり、人にどう思われるかという他人軸で生きたくはありません。

続く

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
生き方
スポンサーリンク
なかみちをフォローする
ものさしを捨てる
タイトルとURLをコピーしました