一緒にイギリスに行きましょう

生き方

パートナーのEさんとはどんどん親密になっています。
私たちはお互いに次のステップに進もうとしている、そう感じます。

私は家族にEさんを紹介したいと思うようになりました。私の故郷は遠いので時間がとれるときにしか行くことができないため、今の仕事の契約が終わって時間ができたときに行こうと考えていました。9月末で私の今の仕事の契約が切れるため、Eさんを故郷に連れていくなら10月かな?となんとなくぼんやり考えており、言い出すタイミングを見計らっていました。ただ仕事の契約を終わりにすることはまだ派遣会社に言っていなかったため、きちんと決まってからEさんに切り出そうと思っていたことからまだ伝えていませんでした。

そうこうしているうちにEさんも同じようなことを考えていたのか、Eさんの方から

「一緒にイギリスに行きましょう。」と先に言われてしまいました。

Eさんは9月に友達の結婚式があり、9月にイギリスに行くということは昨年の秋から聞いていました。結婚式は9月23日。一年前からもう、決まっていたのです。

ところが本当に偶然なのですが、息子が

「僕、9月21日からイギリスに行くから。もう航空券も取ったし。」と言い出しました。

「え?」

びっくりしました。Eさんと全く同じ時期にイギリスに行くというのです。聞くところによるとサッカー好きの友達とサッカーの試合を観戦しに行くとのこと。


小学校、中学校とサッカーをしていた息子は大のサッカー好き。子供の頃からイギリスのサッカーの試合を食い入るようにして昔からテレビで観戦していました。
「いつかイギリスにサッカーを観に行きたい」というのは彼の長年の夢でした。息子の友達にも同じような人がいて、コロナが明けたらイギリスにサッカーを観戦をしたいとお互いに常々言っていたそうで、今回、それを実行することにしたそうです。大学4年生ですから、二人共自由に時間を使える最後の年ということもあると思います。イギリスのサッカー戦の開幕がちょうど9月ということもあり、旅行が9月に決まったようでした。

本当にすごい偶然です。

そのことをEさんに話し、

二人共同じ時期にイギリス行くなんて、なんか寂しい。私だけ日本だね。

と言うと

なかみちも一緒にイギリスに行きましょう。

とEさんが突然言い出したのです。

私はびっくりしました。

え?だって、Eさんは友達の結婚式に参加して、そのあと家族と過ごすんでしょ?ゆっくり家族と過ごして来てよ。

友達の結婚式は一緒に難しいけど、でも他は大丈夫。一緒に行きましょう。

どういう意味かもよくわからず、私は「うーーーん。」とうなって、そのまま黙ってしまいました。

Eさんの予想外の返答に驚き、困惑してしまいました。まだその時期は私は仕事をしているし、イギリスに行くことはお金もかかるからです。仕事を辞め、次も決まっていない状態で、お金のかかるヨーロッパ旅行なんて行ける?どうする?!仕事休める?!と躊躇し、どう返答して良いのかわかりませんでした。そのときは私が返答をしないまま曖昧に会話は終了してしまいました。

ところが再度イギリスに行きの話がでたときに、やっぱりEさんが

「一緒にイギリスに行きましょう。」と誘ってきました。そのときも私は言葉を濁してしまいました。

しかしその後、よく考えてみました。Eさんが思いつきで言っているわけではなさそうでしたし、これは意図があるのではないかと思うようになりました。初めてイギリス行きに誘われたときにはわかりませんでしたが、私たちの関係を次のステップに進めるために私と同じように家族に会って欲しい、紹介したいという想いがあるのかもしれないと気づきました。

そこでイギリス行きが可能かどうか真剣に考えてみました。

まずそもそもパスポートの有効期限がコロナ禍で切れていたため、パスポートの申請をし、作りました。

そして次に時間が作れるのかどうかということで、仕事の調整。有給休暇が残っているため、9月15日を出勤日最後にすることで日程を調整できると思いました。まだ派遣会社や職場には言っていませんが可能だと考えました。

次にお金のこと。これが一番大きな問題でした。今、ヨーロッパ旅行するほどの余裕は正直言ってありません。ですが、Eさんが言うには次にイギリスに行く機会は大分先になりそうとのことでしたし、私自身も新しい仕事を始めたら行くのに時間のかかるヨーロッパに行けるタイミングがいつになるかわからないため、Eさんとの関係を前に進めるためには今、時間が作れるこの9月がジャストタイミングだと気づきました。ここでEさんの家族に会い、彼の家族や故郷を私が受け入れられるかどうかを確認しなければ、次には進めないようにも思いました。そうなるとお金の問題ではないように感じました。なんとかしてお金を捻出してイギリスに行った方がいい、「今でしょ!GO!」との決断をくだしました。

そして昨日、Eさんに気持ちを伝えました。

Eさん、私、9月にEさんと一緒にイギリスに行こうと思う。でも私が一緒に行って邪魔じゃないの?

Eさんは言いました。

邪魔じゃない。絶対に邪魔じゃない。私はなかみちに私の田舎を見せたかった。嬉しい。

でも、なかみちは仕事のこともあるし、プレッシヤーをかけたくなかったら、強く言えませんでした。本当に嬉しい。ありがとう。きっとイギリスを楽しめると思うよ。

本当?!そうなら良かった。でも、友達の結婚式が終わったあとは家族と過ごすんでしょ?

私が一緒に行っても本当に大丈夫?

両親は新しい人との関係に喜ぶと思います。私は今までに両親にガールフレンドがいることを伝えたり、両親に会わせたことがありませんでした。今回が初めてです。でも両親に新しい人間関係はいいと思います。

やはりEさんは次のステップに進めるために家族に私を紹介したいのだと分かりました。今まで恋人がいることをご両親に伝えたもことなく、会わせたこともないというEさんが、私をご両親に会わせるということは、これから一緒に過ごしたい相手であるから、真剣な交際だからなのだと思います。

そうです。Eさんは私たちの関係をserious relationshipと言っていた通りですね。

私もEさんを自分の家族に紹介したいと考えていましたが、それと同様に、Eさんも私を家族に紹介したいと考えていたということは、二人の気持ちはいつも自然でスムーズということのあらわれです。私たちは本当にこんな感じで気持ちがいつも一緒で、お互いを分かり合えたり、障害があっても話し合ってお互いが同じ方向に向かって解決し合える仲です。全てが自然の流れで進めていける、そんな仲です。関係に無理がなく波長が合う感じです。呼吸をするようにいつも自然な関係です。

9月にはイギリスに行きます。Eさんと一緒に。しばらくイギリスでEさんの家族と過ごします。
今からとても楽しみです。人生、初ヨーロッパです。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
生き方
スポンサーリンク
なかみちをフォローする
ものさしを捨てる
タイトルとURLをコピーしました