民間財団給付型奨学金 2022年の結果 途中速報

大学情報

昨年に引き続き、民間財団の給付型奨学金に応募した我が息子。
今年は8つに応募しました。

1.キーエンス財団
こちらは予備選考というのがあり、予備選考の段階で落選したとのこと。選考基準が今一つ不明です。大学名?専攻?

2.校内選考のある奨学金に応募しましたが、あえなく落選。昨年散々校内選考を通って奨学金をいただいているので、他の方に・・・とういうことなのではないかと思います。

3.民間財団に直接応募する給付型の奨学金に6つ応募しました。
先日選考が通り、一つの奨学金財団から奨学金をいただけることになりました。
1年のみ月に15,000円給付される奨学金です。昨日授与式があり、その際に1年分まとめていただきました。ありがとうございました!!

他5つの財団からは結果待ちの状態です。今年はあと幾つの財団の選考が通るでしょうか?

参院選真っ只中、教育費に関する政策をどの政党も声高らかに叫んでいますが、

財源はどこからなのでしょうか?

高齢者のための社会保障費、医療費を削るんですか?防衛費?

机上の空論ばかりで、選挙を勝ちたいがために世情に疎い国民を騙しているようにしか思えません。10年ほど前に民主党が政権をとった時の子供手当のようです。理想や夢物語を語って議席を増やしたところで、結局実現はできないのが関の山。

教育費は自己調達が原則、これが現代の日本です。これからもそれは変わらないと思います。
この国は、未来、子供たちに投資するという考えはありません。
そうやってこの国を作ってきています。その結果が今のこの状態(少子高齢化)です。

もう、今更手遅れです。

こんな国でもありながら、息子に奨学金を給付してくださっている民間財団の企業様には本当に感謝しております。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました