英語でお料理①

英語子育て

連休が空いていたので、英語料理教室に息子と二人参加してきた。
今回は、私より年齢が少し上の女性3人と一緒だった。
お二方は、今回初めてお会いする方たちで、
大手英会話学校に通いながら、時々こちらの教室に通われているとか。
もう一方は、11月の教室で一緒だった方だったので、今回が二度目。
今回の参加者達も明るくて、楽しい方たちばかりだったので、
笑いが絶えず、私も息子も楽しめた。

メニューは、伝統的なイングランド料理”シェパードパイ”をはじめ、
グリンピースのスープ、カスタードタルトを作った。
写真はこちら。

毎回イギリス料理を作るけど、やっぱり日本人なので、
「日本料理のほうがおいしいなあ・・・」と思ったのだった。(先生ごめんね。)

英語で料理をするわけだけど、やっぱりある程度は英語がわからないと、
何をしていいのかわからなくなる。
(プリントされたレシピは手元にある)
私にとっては今回が3回目の参加になるわけだけど、
英語があまり分からない方と一緒になると、
「どうするの?何するの?」と思いっきり日本語で聞かれて、
英語を話す気満々の私としては、ちょっとブルーが入る。
(一人、そういう方がいたのだ。)
私自身も英語がペラペラではないわけで、
どんな英語であれ、日本語を使わずに「英語で話すぞ!」
という気持ちで臨んでいるのに英語を使おうと頑張る気配もなく、
平気で日本語をペラペラ話してくる方がいると、意気込みが反れてしまう。

英語で言えないもどかしさは、もちろんわかる。
私もそういう経路をたどってここまできているし。
でもせっかくお金を払ってまで、こういう場に参加しているのだから、
ブロークインでも、単語一語でもいいから、
英語で話してみようという努力はして欲しいものだ。

結局、言葉を身につけられるか否かの差は、そういうところにもあるのかもしれない。
恥ずかしさとかをかなぐり捨てて、自分の言いたいことを相手に伝えようと
ボディーランゲージでも、単語一語でもいいから発することができるかどうか。
言葉なんて完璧じゃなくても相手に伝わればOKなのだ。
完璧じゃなかったら話せない・・・なんて思ったら、しんどいし楽しくない。

毎回参加してらっしゃる方に
「こちらの教室は楽しいですよね。今日も楽しかったですね。」と言ったら、
「英語が分かるから楽しいんですよ。私は分からないから・・・・。」
と言葉を濁しておられた。
「分からないから、そんなに楽しくない」って言おうとしてたのかなー。
”じゃ、なぜ毎月来てるの?”と思った。
よく分からない人だった。

今月覚えた料理用語
sweat:to fry something lightly without changing the color to brown
translucent:being able to see light through something

使い方:When we made the soup,we sweated the onions until translucent.

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
英語子育て
スポンサーリンク
なかみちをフォローする
ものさしを捨てる
タイトルとURLをコピーしました