イギリス行き、流れました

生き方

イギリスに彼氏のEさんと9月に行く予定でしたが、なくなりました。
色々事情があるのですが、結局はタイミングが合わなかったというのが結論でした。

私が仕事を続けることになり、取れる休みが限定されてしまい、彼のイギリス行きの日程に合わせることが難しかったり、航空券が思うように取れなかったことが要因です。

彼自身もいまひとつ煮え切らないというか、さっさと行く日程を決断することなくぐずぐずしており、それに対して私がしびれをきらして少し喧嘩のようにもなってしまいました。そうこうしているうちに私の中で、だんだんイギリスに行く気持ちも冷めてきてしまい、今は行くべき時ではないのかもしれないとも思い始め、「今回は行きません。」と彼に告げ、イギリス行きは取りやめになりました。

こういうのってやはりタイミングが大切ですので、まだお互いに準備が出来ていなかったということなのでしょう。

しかしEさんには、タイミングやチャンスというのは逃すと戻っては来ないということや決めるべき時は必ず決めて欲しいということ伝え、少し説教をしました。

実はこのイギリス行きでゴタゴタする少し前に、外食をする機会があり、似たようなことが起こったのです。

Eさんが何を食べるか、どのレストランにするかを迷っている間に、全てのレストランが閉店になり夕食を逃してしまったのです。終電もあったことから結局何も食べれず、お腹を空かして外出先から帰宅し、別々に互いの自宅であまりものを食べたのですが、その経験から私の中でEさんの決断力のなさに少し疑問がありました。その時は単に、ご飯ごときの小さなことなので、自分の中では「ま、いいか」と流せたのですが、さすがにイギリス行きという大きなことには、「なんだかなー」とかなり不満を感じ、最初の頃はすぐに流すことはできませんでした。もう少し決断力を発揮し、さくさく決めて欲しかったなあと思いました。

「これからEさんが決められないなら、私が決めるから、いい?」と最後に念押し、今後このようなことがないように二人で約束をしました。

それでもなんだかモヤモヤした気持ちはぬぐいきれない部分もありつつ、「人生塞翁が馬」ということもありますし、イギリスに行かなかったことが吉とでるのでしょうかね?

Eさんは9月にある友達の結婚式に参加するため一人でイギリスに帰国します。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
生き方
スポンサーリンク
なかみちをフォローする
ものさしを捨てる
タイトルとURLをコピーしました