3月8日は女性の日

ロシアについて

本日は国際女性デーです。

国際女性デーってなに?

日本人には国際女性デーと言っても馴染みはなく、一体何の日だかわからない方が大半でしょう。ロシアでは祝日になっており、大々的にお祝いをします。男性が女性に「女性の日、おめでとう!」といって、花束やチョコレートのプレゼントを渡します。一年で一番この日は花屋が儲かる日だとも言われています。

私もロシア人の男性に

女性の日、おめでとう!

と言われたことがあるのですが、なんだか不思議な感じがしました。「おめでとう」と言われても何がおめでとうなんだか・・・・と日本人の私にはぴんときませんでした。女性に敬意を払い、応援する日となっているようです。

ロシアと言えばレディーファーストの国です。女性がちょっとでも大きな荷物を持っていようものなら、例え知らない女性であっても道端で男性は声をかけて荷物を運んでくれたりします。ドアを開けてくれたり、順番を譲ってくれたり、女性がお酒を注ぐのも禁止で、ロシアでは男性がお酒を注ぐんですよ!子供の頃から徹底してレディーファーストを仕込まれるそうです。日本ではちょっと考えられませんよね。日本の男性もそうであってほしい!と思います。

レディーファーストが徹底している国の女性というのは堂々としています。日本の女性は社会参加をしていても非正規雇用率が高く、また男性に比べ家事育児の負担も多かったりと地位が低いように思います。あくまでも男性のアシスト役という位置づけにいるように感じます。国際女性デーという日をきっかけに、私たち女性がどのように生きるかを考えてみてもいいかもしれません。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
ロシアについて
スポンサーリンク
なかみちをフォローする
ものさしを捨てる
タイトルとURLをコピーしました